iSLAND あっと Blog

日々視聴したアニメや漫画の感想を細々と綴っているブログ

グレンラガン 11話 シモン大復活!!

ここ数話の間、闇に沈んだままのシモンだったけど…!

信じてくれて頼ってくれて、そして見ていてくれる人がいる。
そんな自分を信じられなくてどうする。



ニアはカミナと全然違うのに、一つだけ同じ所がある。
それはシモンを信じているという所。

そしていつだって最後にはその信頼に応えきってしまうシモンはやっぱり漢だ。そんな自分を信じられなかったシモンだけど、カミナが信じた、そしてニアが信じる自分を初めて信じられた。

自分を信じる。すなわち自信。

自信を持ったシモンは……無敵だ!


…なのかな?



いやまぁこれはトップの太田コーチのセリフのパクリだったりしますが(笑

今回の話ではカミナの回想シーンや、カミナだったら、というifが多用されていますが、多分それもここまででしょう。
シモンの口からハッキリとカミナとの別れを告げて後ろを向かずに前を向いて進むことが宣言されましたから。

そこに進むまでにいろいろと追い詰められないと爆発できないシモンの弱さも必要だったのですけどねー。

ダイグレンを乗っ取られ、そしてニアまで連れていかれて地下に閉じこめられ…。そして公開処刑を絶望的な気分で待ち受ける仲間達。



これで燃えなきゃ嘘だ!

穴を掘り続けるシモンの背中から久々にたちのぼる燃える漢の熱い魂。
静かに静かに押さえつけられた熱き想いは爆発する場所を求めて…。

黙々と掘り続ける背中は大グレン団を引き受けるだけの度量を持っている。
それは見守る大グレン団メンバーを引きつけるに十分なものでしょう。

「この男にならついて行ける」

この想いはラストのグレンラガンの活躍時ではなく、穴を掘り続けるこの時点でみんなの胸に灯されたのではないでしょうか。実にシモンらしい、そしてシモンにしか出来ないカッコのつけかたです。いや、カッコイイですよ、シモン。


で、ココ爺って何者なんだろう(笑

ニアのピンチに現れたのはシモンでもなくグレンラガンでもなく、なんとまさかのココ爺だった!!

………えーーー?

さすがのグアームもこれは驚きますって。

そして直後に!!



ラガン、第一艦橋に単身で突入!

この時、シモンの口元には実に不敵な笑みがこぼれているのでした…。

これは燃える!

ココ爺がいつの間にか消えていることすらどうでもよくなるぐらい燃える!!(笑

ずっとやせ我慢して強がって弱みを見せないように気を張っていたニアも、緊張の糸が切れたのか嬉しかったのか、それとも…これが素顔のニアなのかもしれません。安堵の涙をこぼす様はなんともいえず可愛い。

ラガンが通ってきたんだから、当然下には穴が開いてるわけで、足を踏み外したグアームは落下する(笑



穴を掘って掘って掘って…、押さえつけた感情とようやく信じた自分の力が大爆発する、まさにシモン、爆誕。

言ってることは決してかっこよくはないけれど、これぞシモン。

自分のベースをぶっちゃけることは自信にも繋がるし、仲間を一つに束ねる大きな力となって自分の背中を押してくれる大きな原動力にもなる。勢いでぶっちゃけただけだけど計らずも大グレン団の真のリーダーとしての名乗りも上げた素晴らしい口上。

なんか歌舞伎見てるみたいです(笑



あの技が再び…!

全身のドリルを一つに束ね、問答無用で相手を貫く必殺ギガドリルブレイク炸裂!

この辺りはもうすでに全身チキン肌スタンダップ状態で鑑賞しておりました。
カッコイイなんてもんじゃない。カッコよすぎです。

まさかの一撃を受けて轟沈したゲンバーから命からがら逃げ出すグアームだけど、螺旋王に逆らってまでの出撃だけに帰ったら無事では済まないでしょうねぇ。
ディアーネともども、あんなワガママ王につきあうのも大変だ。



やはりうち捨てられたあの箱の中身は…(涙

中身もそうなのですが、その箱を開けられるシモンの持つドリルキーの謎は深まりました。箱は螺旋王ロージェノムの作ったものであることは間違い無いわけで、しかもただ開けるだけでなく睡眠状態も解除できるとなると、ドリルキーは螺旋王がらみの品であることは間違い無いことになります。

ドリルキーで起動されるラガンとは一体なんなんでしょう。

ま、それはともかくシモンは今度こそ堂々と大グレン団のリーダーとして自然発生的に任命されます。人間急には変われないだろうけれど、一皮剥けたシモンならきっと大丈夫。

…で、ヨーコはどうなるんでしょう。

今週はちょっと空気になってた分、来週からぶり返しが来そうなんですけど…。

コメント

過去2話に渡って視聴者をワキモキさせてくれた黒シモン
今話復活したシモンはカミナに支えられてきたシモンじゃない!
支えは折れて、一度は倒れた
それでもその折れた支えを抱き、また立ち上がった!
生まれ変わって自分の力で立つんだ!いや、それだけじゃ足らねえ
ついでに他の奴らも支えてみやがれってんだ!

今回のニアは可愛かったですねー
ニア、助けに来たよ→シモーン→やられたッ!ストライクバッターアウッ!!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://doujinjima.dtiblog.com/tb.php/57-6b55fd01

薄汚ェ手ェどけやがれ!シモン! グレンラガン11話

 螺旋王っていったいなんですか?一体何の目的で獣人を統べて地上を支配してるのかと。そもそもお前はどれ程のものよと。四天王ですら恐れるって事はそれなりに強いんだろ?で、美女を侍らせてってコテコテの悪の大ボスっ

めもあてられない。2点●

本日の演目・アニメレビュー(Saint October、天元突破グレンラガン)

天元突破グレンラガン 第11話 「シモン、手をどけて」

天元突破グレンラガン   現時点での評価:3.5〜   [ロボット ドリル]   テレビ東京系 : 04/01 08:30〜   監督 : 今石洋之   シリーズ構成 : 中島かずき   キャラデザ : 錦織敦史   メカデザ : 吉成曜   アニメ制作 : GAINAX   全26話  .

天元突破グレンラガン11話「シモン、手をどけて」

『アディーネを退けた大グレン団。だが未だ立ち直れないシモンは部屋に引きこもってしまう。皆が見放していく中、一人ニアだけが彼を気遣うのだった。都を目指すダイグレンに入る緊急通信。あからさまに怪しい通信内容

(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第11話 「シモン、手をどけて。」

天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版) 見事アディーネの撃退に成功した大グレン団。しかし、シモンは未だ立ち直れないでいた。孤独の闇へと自身を閉じ込めてしまうシモンをニアは気遣う。そんな中、ダイガンザンに入った緊急通信。そこには、ガンメンに怯える人々の姿.

天元突破グレンラガン第11話シモン、手をどけて

「ゴミ扱いにされたラガン…益々グレてカミナの石造ばかり造るシモンは自分の力で立ち直れるのかな…?」「天元突破グレンラガン第11話シモン、手をどけて」「前回以上にやさシモン…さっさと立ち直ってもらわないと」「穴掘りシモンに逆戻りですね」「キタンもキタンで美...

天元突破グレンラガン 第11話「シモン、手をどけて」

「お前が信じるお前を信じろ!!」 アニキー、おいら信じてみるよ 穴掘りシモン、復活です! みんなが諦めても1人もくもくと穴を掘り続けるシモン。 その背中が男だった! ピンチにゃ最後まで諦めない人が勝つ! 最後まで泥だらけになって掘り続けたシモン偉い!

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第11話 「シモン、手をどけて」

品質評価 32 / 萌え評価 18 / 燃え評価 62 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 27 / お色気評価 30 / 総合評価 31レビュー数 182 件 アディーネを退けた大グレン団。だが未だ立ち直れないシモンは部屋に引きこもってしまう。皆が見放していく中、一人ニアだけが彼を気遣うのだ

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Appendix

管理人・EXUP

管理人・EXUP

たわごとを語ると長くなる人
たまには自重せんと

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Sponcer

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Categories

Recent Entries

にほんブログ村 アニメブログへ