iSLAND あっと Blog

日々視聴したアニメや漫画の感想を細々と綴っているブログ

りりかるなのはStrikerS 14話 母と子

サブタイトルは「Mother&children」

母と子、じゃなくて子達というところになんだか機動六課のことまで含まれてそうですねー。まぁスバルとティアはともかく、キャロとエリオはまだまだお子様ポジションから抜け出せてないから、ってところでしょうけど。

さらにここにヴィヴィオまで追加ときたからには大変さはさらにプラス。

普通の子供だったら、あえてなのはやフェイトに馴染ませてまた引きはがすような真似は避けたいところですが、事件に関わりのある人造生命体ということであれば、引受先の家庭まで影響を及ぼしかねませんから、事件解決まではなのフェイの二人にまかせる他道は無さそうですね。



てなわけで早起きのなのはに比べてちょっと遅いシフトなのか未だ寝続けるフェイトにヴィヴィオをまかせてなのはは朝の訓練へ。

すっかりフェイトに懐いてるヴィヴィオがかわええのぉ。

続きを読む »

リリカルなのは StrikerS 13話 命の理由



物語はアギトの過去回想夢から。

あらー、てっきりルーテシアの自律式デバイスだと思ってたのに、拾われただけで契約はしてないんですねー。
それでもついてきてる辺り、けっこうな信頼関係はあるみたいですけど。

もちろん救ってくれた恩義もあるんでしょうけど、単純にルーテシアのことが気に入ってるのが大きいみたいですが。ゼストはどうなんだろう。

続きを読む »

リリカルなのはStrikerS 12話 ナンバーズ

前回、11話のレビューではボロクソ書いたりりなのSTSですが、なんとかかんとか今回はキチンとした演出と脚本に戻ってくれたようです。

ぶっちゃけ作画の崩れなんてのは今のアニメ制作過程の過酷さにおいては当然発生するもんなので、ムチャクチャに崩れない限りそれほどキニシナイのですが、脚本と演出は…ねぇ。

例のグレラガ4話の作画崩壊回でもやっぱり気になったのはキャラの性格が破壊された部分でしたし。ホンが良ければ作画なんて想像で補間できるもんなんですよ。

もちろんDVDで直してくれれば尚更嬉しかったりしますけどね(笑

ていうか、今期はらき☆すたとアイマス、そして4話以外のグレラガ、んでもってDTBがブッちぎりで良作画の最高峰を歩んでますので、ちょっとでも崩れると目立つのが困ったところです。



そんなこんなで12話。

実力が足りないなら足りないなりに機転と勇気で補う新人達のお話。

続きを読む »

リリカルなのは StirkerS 11話 休日【後編】



なんだろうなぁ。

ストーリー自体は緊迫度を増してきているし、状況も部隊長自らが出陣するほど切迫しているのに…。

テンポが悪いのか演出の問題なのか、燃えるものが一切感じられなかったなのはsts11話。

脚本のテンポが悪いのって、絵がどうのとかいうのとは違って、純粋に興味が無くなってしまうんですよねー。逆に10話は絵は多少雑だったけど、本が上手かったのか、飽きることなく全編通して見れましたから。


そんなこんなで追記には毒が入ってます。

続きを読む »

リリカルなのは StrikerS 10話 休日・前編



訓練校宿舎32号から始まってずーっと一緒のこの二人。
朝もはよからなにやってんだか(笑

陸士386部隊の災害担当やってた頃も一緒の部屋だったのかどうなのか分からないけど、多分一緒だったんだろうなぁ。


しかしティアは15歳にしてけしからんおっぱいだな。



ともあれ、全員無事に第一段階終了。
デバイスのリミッターも解除しないといけないし、でとりあえず本日はお休みっ。

続きを読む »

 | HOME |  次のページ>>

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Appendix

管理人・EXUP

管理人・EXUP

たわごとを語ると長くなる人
たまには自重せんと

Monthly

Recent Comments

Recent Trackbacks

Sponcer

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Categories

Recent Entries

にほんブログ村 アニメブログへ